FC2ブログ

Da oggi

楽しいことを見つけ、美味しい毎日を!・・・私らしく〆

登山2日目

覚悟してくださいね!とても、長いですよ
100502P5021696m.jpg
えびの高原へはバスで移動です   410円 車は高千穂川原ビジターセンターに置いて

100502P5021698_20100503212453.jpg
出発地点のえびの高原からは、目的の山は見えませんでした
100502P5021700.jpg
みるみる小さくなる、えびの高原


韓国岳は、大混雑  しかも天候が悪くて何も見えない
100502P5021702karakuni.jpg
誰だって記念撮影はしたいのに・・・
さっさと交代するのが大人のルール 回りにも気を使って欲しい
そんな事から離れたくって、山に登るのに・・・まっ いいかぁ~
90%近くが、韓国岳往復   縦断する方は少ない

この数分後に、結構な量の雨が降ってきました


実は、バス停での会話で
「雨具、どうしましょうか?」
「私のザック、十分余裕がありますよ」
「じゃあ、用心の為、持って行きますかぁ」
       と言って、車の所まで雨具を取りに戻ったRyoさんでした

この会話を聞いていた側の年配の御夫婦が
「あなた、雨具持って行った方がいいかしらねぇ」
「連休中は、お天気が良いと言っていたから、いらんやろ!」
「そうね、大丈夫よね」
このご夫婦は、寒くて大変な登山になったでしょうね
夫婦喧嘩になっていなければ良いのですが
「だから、あの時言ったじゃない」なんてね!

山の天候は変りやすいのです
備えあれば、憂え無し!

韓国岳から獅子戸岳のコースは、雨の影響もあるのですが
とても足場が悪く、立ち往生している方が多かった
私と言えば、滑って転ぶ事も無く、ターミネーターの如く(古っ)
ズンズン進んでいきました  悪条件だと、俄然燃えてしまいます

100502P5021706.jpg
100502P5021705獅子仔戸岳
ここで、お昼・・・写真撮るの忘れちゃいました
朝、調達した、コンビニのおにぎりでしたが、温かいトン汁付き(コンロでお湯を沸かして)
Ryoさんお気に入りの、枇杷ゼリーのデザートも美味しかった~


100502P5021710新燃岳100502P5021714新燃岳
100502P5021712新燃岳
100502P5021722sinmoe.jpg
100502P5021719新燃岳
なかなか視界が開けません
100502P5021735中岳
100502P5021736展望図大きくなります こんなに景色がいいはずなのに・・・
それでも少しずつ   (結局、広がる眺望は堪能できず)
100502P5021744中岳


振り返れば、昨日登った、高千穂峰が姿を現してきました
100502P5021725中岳
100502P5021727.jpg
100502P5021738matstu.jpg
100502P5021745.jpg
コースの最終地点です
100502P5021755.jpg
100502P5021754自然歩道
100502P5021749.jpg
これ、タンポポなのか、アザミなのか分かりませんでした

今回も、日頃のだらしない不摂生な生活のせいで、体力不足
大好きなお花(しかも二度とと出会う事の無いかもしれない、この季節の高山植物)
記憶には残せても、記録に残す事が出来たのは、たったこれだけ  勿体無い事をしました
例年でしたら、ミヤマキリシマが咲き乱れているはずなのですが
今年は、気温がなかなか上がらず、固い蕾のままでした
100502P5021730花々

100502P5021751mi.jpg

1005025021753mi.jpg

100502P5011652mi.jpg

言い訳・・・植物に興味が無い、Ryoさんは、さっさと先に行ってしまいます
遅れて、迷惑を掛けないように、必死で付いて行く私って、なんて可愛い
「写真撮るから」って、何で言えないんだろう


超、久しぶりの登山
しかも、まだたった4回目
苦しくて「お願いだから、置いていってくださーい」と言いたい事もあったのに
終わってしまったら、また行きたいと思うのは何故
たった数時間前のことなのに、どんなに思い出そうと思っても、楽しい事しか思い出せない
      

スポンサーサイト



PageTop

鹿児島

初対面で、いきなりお泊りさせていただく事になった、おまけのkeiです

計画段階では、キャンプだったそうなのですが

東京から、全く知らない土地にやって来た、Ryoさんのお友達

山に行く序に、遊びに行くつもりだったそうなのですが

声を掛けたら、御夫婦で登山参加表明

当日になって、奥様体調不良のため断念(そりゃそうでしょう。引越し疲れとか・・・)

なのに「うちに泊まれば良い」と招待してくださった

御夫婦は、とても素敵な方で、お知り合いになれて幸せでした

    

           こんな素敵なお友達がいる我弟 Ryoさんは、素敵な奴なのかも・・・






夜は、 黒豚 でしょう
100501P5011659.jpg
100501P5011676.jpg
100501P5011673.jpg
鯛と黒豚のセイロ
何も言葉が見つからない
美味過ぎ 

                 いや~ん鹿児島に住もうかなぁ~

無理です!言葉が、わからんでごわす

お店の方の言葉を聴いていると、脳ミソが揺れそう になります・・・
                   つうーか、揺れます

100501P5011684.jpg
このバナナプリンも、激旨


100502P5011665箸袋 おまけ  大きくなります
単語が違う上に、アクセントも違いすぎて全く理解できません


Ryoさんが、真似するもんだから、可笑しくって笑いが止まりません

O氏御夫婦も、真似されるものだから、私一人笑いをこらえて・・・必死で黒豚いただきました

折角消費したカロリー以上に摂取して、明日の登山に備える事にいたしました


あ~食った食った

楽しいお酒で、ほろ酔い気分の三人を乗せ、私が 隼人の町を、運転して帰りました

よ~し  明日も、黒豚だぁー


今日の登りの苦しさを思い出して、翌日の計画が、かなり不安でした



100501P5021693.jpg

こんな素敵な朝ご飯で、送り出してくださいました

本当にお世話になってしまって、また改めて、お礼に伺うことにいたします



お土産のチーズですが、鹿児島では入手困難で、驚くほど喜んでいただきました
      

PageTop

登山

1日の早朝到着
100501P5011601.jpg


今回は、急遽Ryoさんのお友達 O氏参加

ずっと東京にいらっしゃって、先月、高専の講師として鹿児島に来られたばかりの方


私と言えば、登山は、あまりにも久しぶり過ぎて

おまけに、運動不足で

登り始めて直ぐ、無口に・・・

口から出そうになった心臓を、何度飲み込んだ事でしょう

崩れやすい急登のガレ場が、かなり  キタ~~~!


だから走った方が良いって、言っていたんですよ」と、叱られてしまいました
           イエイエ!優しく、アドバイスをいただきました!


当然 、デジカメなんて扱う余裕も無く
必死で撮った写真も、メモリにありませんでした・・・ガッカリ

綺麗な写真は、後日、Ryoさんか、O氏にいただいて、掲載しますので、お許しください


1005025011611.jpg

100501P5011605.jpg
大きな外輪です
100501P5011618.jpg

100501P5011627_20100503132357.jpgボロボロで、ご披露不可です
山頂にあった、青銅製の天之逆鉾
100501P5011620.jpg
100501P5011624.jpg


ガスっていて、鹿児島方面見えませんが
肉眼では、うっすら桜島も見る事が出来ました
100501P50116391.jpg
高いところって、いい!
100501P5011625.jpg

100501P5011622.jpg
100501P5011610.jpg



翌日登った、中岳から撮りました
白い点線は、昨日登った足跡
100501P5021739.jpg



     少し復活したのは、お昼のお弁当の時!
     100501P5011629.jpg
     お弁当は、O氏の奥様の差し入れのおむすび  ありがとうございます

   P5011628.jpg

しかも、Ryoさんが、トン汁(もち、インスタント)作ってくれました

おむすびと、お味噌汁   最高~

P5011643.jpg 私達の、現在地  大きくなります  最近のカーナビって凄い


下りは元気で、途中 優雅に コーヒータイム
100501P5011645.jpg
美味しい香りに包まれて、山でいただくコーヒーも、最高です

下ってくる方から「良い香りは、ここからでしたかぁ~」と言われました

100501P5011650.jpg
下りてきて、高千穂河原からの御鉢

100501P5011654.jpg
三人で近くの温泉へ
100501P5011655.jpg
そして、今夜の宿、O氏邸へ←数日前に、急遽そんな事になったようです
              (」゜□゜)」お土産・・・たったあれだけでよかったのかしらん

      

PageTop